法律と金銭関係で知っておきたいことをご紹介します

保険に入る

交通事故で後遺症がでたときの対処の仕方について

こちらには全く非がないのに、交通事故に遭ってしまうことがあります。それだけでもショックなのに、怪我を負ってしまうこともありますがまずは、治療を優先させることが必要です、その場合、加害者側が入っている保険会社から医療費を負担してもらうのです。しかし忙しさのあまり、治療を中断したりすると医療費負担を打ち切られてしまうことがありますから、大変でも治療は受けたほうがいいです。また、治療をうけていてもどうしても治らないという後遺障害が残ってしまう場合があります。その場合は、整形外科などの医師に交通事故により怪我を負ったことと、症状固定という診断をしてもらいそれによって、後遺障害の等級がきめられ保険会社からの損害賠償の金額が決まります。後遺障害が残ったときはきちんとした診断を医師にしてもらうことが大切です。

交通事故の後遺障害の賠償金の金額の相場

予期せぬ交通事故で、後遺障害を受けてしまうことは、まれにあります。自分には非がないのに後遺症に苦しむのは本当につらいことです。とくにムチウチなど、つらさが自分にしかわからないときは、周囲につらさを理解されにくいところも多く、ストレスがたまることもあります。それでも毅然として治療をうけ医師の症状固定をしてもらうことが必要です。それによって保険会社から慰謝料や賠償金を支払ってもらえます。賠償金の価格や相場というのは状況によっても変わりますので一概には言えません。でも交通事故で後遺障害が残ったのはたしかなので、賠償金の金額に不服なときは、自分だけで解決しようとしないで弁護士などに相談するのも1つの方法です。

↑ PAGE TOP